防犯カメラを確実に取り付けるには工事が必須!

防犯に効果抜群のグッズ

ウーマン

家庭用防犯カメラは様々な価格や機能のものがあり、それぞれをしっかり把握して自宅に合うものを選ぶようにしましょう。家庭用防犯カメラが存在すると、それだけで犯罪が激減し、また機能や別の機器も併用することで防犯以外の用途にも使えます。

More Detail

大事なものを保管する

金庫

家庭やオフィスなどで金銭や重要書類などを保管しておくためのものが金庫です。金庫にもさまざまな種類がありますが、現在では通販でも購入することが可能です。ただし通販で購入するさいには置き場所に注意する必要があります。

More Detail

状況に合わせて設置する

防犯カメラ

種類について

住宅の防犯対策として、防犯カメラを取り付けるのは非常に有効です。侵入対策として、鍵や窓を強化する方法もありますが、防犯カメラであれば敷地への侵入を抑止する効果や、車上荒らしなどにも効果があります。防犯カメラは、画像のデータ形式によって、アナログとデジタルの2種類に分かれます。デジタルで画素数が多いほど、詳細な撮影ができます。100万画素を超える製品なら、HD画質で撮影ができますので、人の顔が判別できます。200万画素を超えてくると、フルHDでの撮影も可能となり、車のナンバーの判別も可能です。夜間も監視するのであれば、赤外線カメラや、ライト付きのカメラが使えますが、赤外線カメラは撮影距離が製品により異なるので注意が必要です。防犯カメラの設置は個人でも可能ですが、外壁に設置する場合や複数のカメラを設置する場合などでは、専門業者へ工事を依頼した方が確実です。

安心して使うために

防犯カメラは、設置するだけでも一定の効果はあります。しかし、万一の場合に備えるなら、カメラの性能とともに、設置する位置や方法が適切なことが重要になります。したがって、工事を依頼するなら、設置実績の豊富な業者のほうが有利です。さらに防犯設備士が在籍している業者なら、警察に登録されているので安心感があります。防犯設備士は、防犯カメラの設置や工事に関する知識が豊富ですので、最適なカメラの種類や台数、取り付け位置を提案してくれます。防犯カメラは、1年中稼動させる製品ですので、故障した場合のサポート体制の充実した業者を選ぶのも大切です。業者の選択では、工事までに見積もりなどを通じて、業者の対応をしっかりとチェックしましょう。

カギは定期的に見直しを

家と鍵

鍵のタイプによってはピッキングなどの被害に遭いやすく、気を付ける必要があります。名古屋の鍵の専門サービスでは、防犯力を高めるタイプの鍵や補助錠を販売中です。複数の錠を設置すると、侵入のリスクを下げることが出来ます。

More Detail